遺品整理のサトフク朝霞お役立ち情報

遺品整理・遺品の片付けについて

2022年01月15日

そろそろ生前整理とお考えの方へ。遺品整理の専門業者「サトフク」がお手伝い。

1月15日

今日の天気は晴れ。風は穏やかで、空一面に薄い雲が広がっています。
穏やかな陽の光が部屋に差し込んできていて、窓辺に居ると体がぽかぽかしてとても気持ちが良いです。
昨日の新型コロナウイルス新規感染者数が2万人を超えたとのニュースがテレビで流れていました。
オミクロン株の感染力は従来の5倍とされていて、人が密集する場所からのクラスターが各地で発生しているとの報告もあるそうです。
3回目のワクチン接種がこのウィルスの勢いを止められるのか分かりませんが、自分に出来ることは基本的な感染予防対策と免疫力を上げる暮らしでしょうか。
再びの感染拡大の波に飲み込まれぬよう、日々の暮らしに気を配りこの波を乗り越えていきましょう。
さて、1月もあっという間に半分。寒さはまだまだ続きますが、サトフクでは感染対策に気を緩めることなく取り組んでおります。
最近の当社へのお問合せに、生前整理をお考えの方からのご相談がありました。
ご友人が突然他界されたことで、ご自身の今後について考えるようになり、体が元気で動けるうちにある程度家の中を整理しておきたいと思い始めたそうで、残していく家族には迷惑をかけたくないとの思いもあるようでした。
2階建ての一軒家はキレイに片付いた印象のあるお宅でしたが、いつの間にか増えてしまった物で押し入れや納戸がいっぱいになってしまっていたと話していました。
溜まってしまった物を整理するには、時間も体力も必要ですし、沢山の不用品を分別してゴミに出すにも手間がかかります。
弊社は遺品整理の専門業者ですから、どんな状態のどんな不要品でも回収・引き取りすることができます。
一人では出し入れ出来なくなってしまった古くて重い電子ミシン、ハンガー掛けになってしまっているぶら下がり健康器など場所取りな物から、
整理ダンスや洋ダンスに着なくなった洋服類が詰まっていても大丈夫!そのまま回収・処分させていただきます。
ご不要になった本棚や机、食器棚やキャビネットなどの大型家具の搬出・処分、自分では難しい物置の解体・撤去など経験と実績のあるスタッフがお客様の片付けをお手伝いします。
まずは、お気軽にお電話ください。
専門スタッフがお伺いして、お客様のご要望をお聞きしながら作業方法や料金見積りをさせていただきます。
分からないことや心配なことなど、遠慮なく何でもご相談ください。
生前整理のお手伝いは「遺品整理のサトフク」にお任せください!
フリーダイヤル 0120-50-3129
皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

 

2021年12月25日

遺品整理のご依頼から作業完了までの流れ、「遺品整理のサトフク」

12月25日

今朝は昨夜に降った雨で地面が濡れていましたが、日が射してきた所はすっかり乾いてきて、空も晴れ渡って清々しいです。
世間ではクリスマスムードが高まっていて色々な場所でクリスマスツリーを目にしますが、コロナの新変異オミクロン株の感染拡大のニュースが流れ、岸田首相が年末年始の帰省については慎重にと話していましたね。
街頭インタビューでは「今のうちに」との声もありました。
コロナの感染が拡大してから2年。
高齢の家族に感染を広めてはイケないとの思いから帰省を控えていた方々は、久しぶりに会えるとの期待も大きくなっていて、「止めよう」とは考えにくい状況でしょうか。
家族・仲間との楽しい時間を過ごす時も基本的な感染予防対策を忘れずに行ないましょう。
一日でも早く新型コロナウイルス感染症が終息し、安心して暮らせることを願ってやみません。
さて、今回は遺品整理の簡単な流れについてご紹介します。
①相談受付
お客様からの電話やメールでご相談を受け付けます。
②お見積り
経験豊富な専門スタッフが実際の場所へ伺って見積りいたします。
ご供養の品物があるか、形見分けする物があるかなど詳細を確認します。
③お見積り書の送付
聞き取りした内容で見積書を作成し、郵送・メール・FAX等でお送りします。

※ ここまでの費用は一切かかりません ※

④ご契約
見積り金額、作業内容、作業方法などご納得いただいた後に契約となります。
それから、作業日時の調整や必要事項の打合せをいたします。
⑤作業
作業当日は経験と実績のあるスタッフが作業にあたります。
お客様に立ち会っていただく必要はありませんが、立会いも可能です。
作業終了後は現場の確認をしていただきます。
日を改めて確認いただくのでも、
スタッフが撮影した写真画像での確認も可能です。
ご供養品、形見分け品の引渡しなど全てが終了した時点で契約完了となります。
その後、ご精算とさせていただきます。
遠方の場合などで立会いが難しいというお客様には、
弊社が責任をもって作業完了まで鍵をお預かりさせていただきます。
サトフクでは、経験と実績のあるスタッフが実際に片付ける場所へ伺って、
お客様のご要望をお聞きしながら見積りを出させていただきます。
遺品整理でお悩みなら
遺品整理士認定協会認定の遺品整理士がいる「遺品整理のサトフク」へ
ご相談ください。
フリーダイヤル 0120-50-3129
皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

 

2021年12月04日

そろそろ遺品整理…を安心価格でお手伝い! 遺品整理の専門業者「サトフク」にお任せを

12月4日

今日も晴れ渡る空。
朝晩の冷え込みが嘘のように室内の温度計が30℃を超えて上着を一枚脱がないと汗ばむほどになってきました。
先日、おすそ分けで柚子をいただいたのですが、とても香りが良くカウンターに出したままにして、爽やかな香りをしばらく楽しませてもらいました。
それからしばらくして、別の方からも柚子をいただいたのですが、香りが控えめで色は鮮やかなレモン色。
少し小ぶりな実が、先のものとは随分と容姿が違うのです。
気になって調べてみると、柚子にも色々な種類があることを知りました。
先のが「本柚子」で皮や果汁を生食するのに向いていて、後のが「花柚子」。
果汁が多く採れるのと、花の香りを楽しむものなのだそうです。
「花柚子」の花の香り、来年はぜひ嗅いでみたいものです。
さて、12月に入り新型コロナウイルスの新規感染者数は減少を続けているようですが、変異株「オミクロン」の感染者が日本でも確認されましたね。
今年の年末年始は久しぶりに帰省をと考えていたのに…。このまま減少を続けてくれるよう願わずにはいられません。
サトフクではコロナウイルスにインフルエンザにと感染予防対策を怠らずに日々の作業に当たっております。
師走に入り新しい年に向けて、すでに大掃除を始めた方もいらっしゃるでしょうね。大掃除のこの時期だからと、やっとの思いで手付かずだった遺品の整理を始めようとしている方もいらっしゃるでしょうか。
遺品整理はプロに任せることが出来ます!
「遺品整理のサトフク」には遺品整理士認定協会認定の遺品整理士がおります。
遺品整理で分からない事は何でもご相談ください。
費用面でのご心配なら無料見積もりのご利用をおススメします。
専門のスタッフが実際に整理する場所にうかがって、お客様のご要望をお聞きしながら見積もりをさせていただきます。
目安となるおおよその金額としては(実際の物量や運び出す搬送経路などによっても変わりますので、あくまでも目安です。)
ワンルームのアパート1部屋なら2~3万円程度
2LDKの1部屋なら5万円~ といったところでしょうか。
「遺品整理のサトフク」では、経験と実績のあるスタッフが迅速丁寧に片付けのお手伝いをさせていただきます。
遺品整理でお悩みなら
遺品整理士認定協会認定の遺品整理士がいる「遺品整理のサトフク」へ
ご相談ください。
フリーダイヤル 0120-50-3129
皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

 

施設入所前整理について

2021年12月30日

家族に迷惑かけずに施設入所。入居前整理は不用品回収の専門業者「サトフク」にお任せを!

12月30日

今日は晴れて風のない穏やかな天気です。
歳の瀬も押し迫り年末休暇に入った企業が多いのでしょうか、朝の通勤時間帯でも車の流れがとてもスムーズでした。
この年末年始は久しぶりに帰省して実家でご家族と過ごされる方もいらっしゃるでしょうか。
明日からは再び寒波が来るとの予報もあり、新しい年の初めは厳しい寒さで幕を開けることになりそうですね。
新変異オミクロン株の新規感染者が増えてきているとのニュースもあり、新型コロナウイルスの終息はまだ見えない段階ですが、来年こそは誰とでも気兼ねなく会えて楽しい時間が持てるようになることを願ってやみません。
風邪など引かぬよう寒さ対策を万全にして、密にならないよう暖かい時間を狙って、初詣に出掛けるとしましょう。
さて、今年も残すところ2日。
サトフクでは、この一年新型コロナウイルス感染予防対策をしながら業務にあたって参りました。
おかげさまで今年も無事に年内業務を終え、新しい年を迎えることが出来そうです。
新しい年を前に、施設入所が決まりご自宅の整理を始めたいという方からのご相談がありました。
お一人で住まわれていたマンションを売却して、娘さんが居る街の施設に入所することを決め、そちらで暮らすことになったので施設で必要な物をのぞいて、部屋にある全ての物を処分しなければならないとのお話しでした。
施設に持っていかれない大型の家具・家電、タンスにはもう着ていない衣類に着物、食器や花瓶などの陶器にプラスッチク製の雑貨。
納戸には旦那様が使われていた物でしょうか、釣り道具にプラモデル、小説などの本も数多く積み上げられていましたが、不要なお荷物はすべて搬出、回収、処分させていただきました。
サトフクでは、経験と実績のあるスタッフが迅速丁寧に作業させていただきますので、お急ぎの方もお気軽にご相談ください。
費用面でご心配な方は無料見積りのご利用をオススメします。
ベテランスタッフが実際に片付ける場所へ伺って、お客様のご希望やご要望をお聞きしながら見積りを出させていただきます。
金額や作業方法にご納得いかなければお断りいただいて構いません。見積りまでは無料ですからご安心ください。
施設入居前整理で「ご家族に迷惑かけたくない」とお考えなら「サトフク」へお任せください。
弊社フリーダイヤル
0120-50-3129
お気軽にご連絡ください。
皆様からのお電話心よりお待ち申し上げております。

 

2021年12月11日

施設入所が決まったら!家財道具の処分は専門業者の「サトフク」がお手伝いします。

12月11日

今日は晴天。朝晩の冷え込みが一段と増してきましたが、日中の最高気温は
20℃に届きそうな暖かさです。
寒暖の差が激しくて体調管理が難しいですね。
コロナの新規感染者数が3桁に増え、オミクロン株の感染者もじわじわと増えてきていて、年末年始はどうなることかと心配になりますし、忘年会を予定していた方々もどうしたものか‥‥と悩んでしまいますよね。
ようやく利用客が戻りはじめたと思った矢先で、飲食業や観光業の皆さんは再び落胆しているのではないでしょうか。
ワクチン接種で重症化のリスクが少ないとはいえ、感染すれば病院を受診するわけで、医療関係者の皆さんは休まる暇がありませんね。
オミクロン株は感染力が強いと聞きました。予防のためにはマスク着用に手洗い・うがいなど基本的な対策が有効のようです。
さて、そんななかサトフクは日々の感染予防対策を変わらずに行いながら業務にあたっております。
先日、施設入居を決められた方から家財道具の処分についてのご相談をいただきました。認知症の症状が進み、お独りで暮らされるのが難しくなった方とのお話しでした。
ご相談の方は遠方に住まわれていて、そのお家のお世話をする事が出来ないので売却をご検討されているとの事で、施設の入居に必要な物を持ち出した後は、すべての家財道具を処分して何も無い状態にしたいとのご依頼でした。
そのお宅にはテレビや冷蔵庫・洗濯機に洗濯乾燥機など大型の家電から、電子レンジにオーブントースター・ホットプレートなどの小型家電、リビングには茶箪笥にこたつ、ガラスケースに入った外国のお人形、和室には着物などが入ったままの桐ダンスなどがありました。そして、キッチンには棚に入りきらなくなって床置きされている沢山のストック品。購入したことを忘れて何度も買ってしまったのでしょうか‥‥。冷蔵庫の中にも同じ商品がいくつも入っていました。
サトフクではご不要になった物、丸ごと全部お引き受けいたします。
経験と実績のある弊社スタッフが迅速丁寧に撤去・回収し適切に処分いたしますので、安心してお任せください。
費用も安心の低価格で賜っておりますが、ご心配なようでしたら無料見積りをご利用ください。
専門スタッフが実際に片付ける場所へ伺って、お客様のご希望やご要望をお聞きしながら見積りを出させていただきます。
施設入所前整理のことなら「サトフク」へご相談ください。
見積りは無料ですから、お気軽に弊社フリーダイヤルまでご連絡ください。
0120-50-3129
皆様からのお電話心よりお待ち申し上げております。

 

2021年11月22日

施設入所前整理は専門業者の「サトフク」へ

11月22日

昨夜から降り出した雨はまだ止まず、今日も朝から一日雨予報。どんより曇った空がより肌寒さを感じさせます。
朝のテレビに映った紅葉は、雨で濡れて深みのある鈍い赤色に見えました。
この雨を境に気温が下がるとの天気予報に「そうだった。11月だった!」と
ハッとするくらい暖かい日が続いていましたよね。
気温が下がってくると恋しくなるのは温かい料理。白菜に大根にと冬野菜もおいしくなってきているし、今夜はお鍋で温まりたい。
一日の寒暖差が激しく体調管理が難しい時期になってきますが、コロナの新規感染者数も減ってきているし、制限解除もされてきているし、そろそろお出掛けも気兼ねなく楽しめそうだし、明日はちょっと足を延ばして温泉でも行ってみましょうかね。
さて、新型コロナ新規感染者数は減ってきていますが、サトフクでは日々の感染予防対策を怠らずに業務を行っております。
最近、施設入居を考え始めた方から自宅の片付けについてのご相談をいただきました。
コロナ禍で独り暮らしに不安を感じ、入居施設を探し始めたとのお話しでした。
お住まいは2LDKの賃貸マンションで、独り暮らしになってから長いようでした。
入居施設は1ルームで持ち込める荷物はあまり多くなくて、生活様式も変わるので、今まで使っていた家具のほとんどは不要だったり、サイズが合わずに廃棄や処分が必要になるようでした。
リビングルームにある大型テレビにテレビ台。サイドボードにキャビネット。ダイニングセットにソファ。寝室にはベットやマットレス。洋服ダンスにチェストなどの大型家財。タンスの中には会社員時代のスーツや洋服類がギッシリ詰まっていて、その内片付けるつもりでいた書類も積み上がっていたりと、
もろもろコミコミの不用品が回収出来るのかとのお問い合わせでした。
サトフクでは不要になったお荷物丸ごと全部お引き受けいたします。弊社スタッフがすべて分別・搬出・処分させていただきますので、お客様には分別も袋詰めもしていただかなくて大丈夫です。
弊社は数多くの経験と実績がございますので、どんなご相談にも対応することができます。不明なことや心配なことなど遠慮なく何なりとご相談ください。
多くの経験と実績ある専門スタッフが実際に片付ける場所へ伺って、お客様のご希望やご要望をお聞きしながら、見積りをさせていただきます。
地域最安値を掲げておりますので、費用面でもご安心いただけると自負しております。
施設入居前整理のことなら「サトフク」へご相談ください。
見積りは無料ですから、お気軽に弊社フリーダイヤルまでご連絡ください。
0120-50-3129
皆様からのお電話心よりお待ち申し上げております。

 

介護施設業者向け片付けサービスについて

2022年01月08日

介護施設を退所された方のお部屋片付けは不用品回収専門業者の「サトフク」にお任せを

1月8日

今日は晴れ。空には雲一つない青空です。風も穏やかで、体感気温も上がってきています。窓際では暖房器具がなくても暖かく過ごせる感じです。
2022年、新しい年を迎えた早々に新型コロナウイルスの新規感染者が増えていて、新変異オミクロン株の感染スピードが早いと話題になっていますね。
テレビのニュースで、コロナに感染した人がオミクロン株と判明したが、ほぼ自宅で生活していた中、出掛けた先はコンビニくらいと話していました。
感染力の強さとスピードが今までのものとは違うと専門家も話していましたが、すでに感染者は6000人を超えその約半数がオミクロン株疑いだそうです。
そして、明日からまん延防止等重点措置が沖縄・広島・山口の3県に適用されることが決まったようです。
我慢の日々はもう少し続きそうですね。
さて、そんななかサトフクでは気持ちも新たに感染予防対策を徹底し日々の業務にあたっております。
以前いただいたお電話に、介護施設事業者の方からのお問い合わせがありました。
介護施設をご利用されていた方が退所され、そのお部屋の片付けについてのご相談でした。
コロナ禍で外から菌を持ち込んでしまうことに不安があるとのことでしたが、弊社では感染予防対策をしっかりとして、経験と実績のあるスタッフが周囲にも注意を払いながら、スピーディーに作業を進めさせていただきました。
お部屋にはその方が使っていたままの状態で荷物が残されていました。
テレビやラジオなどの電化製品に、衣類が入ったままのタンスに、ベットや布団などの寝具類に、洗面器や使いかけのシャンプーにコンディショナーなどの入浴セットや洗濯洗剤に、食事の時に使っていたお茶碗やお箸にカップ、古いアルバムや手紙の束、壁には施設の行事で作った手づくり作品などが飾られていましたが、すべての不用品を搬出・回収し、お部屋には何もないキレイな状態で作業は終了させていただき、価格でも安心の低価格とご評価いただいております。
費用面では地域最安値を自負しておりますが、ご心配でしたら無料見積もりを承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
見積もりには経験豊富な専門スタッフが伺いますので、ご要望などありましたら何なりとご相談ください。
施設様のお役に立てるよう最大限の努力をさせていただきますので、介護施設のお部屋片付けは、専門業者の「サトフク」まで。
フリーダイヤル 0120-50-3129
心よりご連絡お待ち申し上げております。

 

2021年12月18日

グループホームのお部屋片付け・荷物の処分は不用品回収専門業者の「サトフク」へ

12月18日

昨夜はとても強い風が吹いていて室内に居ても大きな音が聞こえてきました。
その風で家の周りに置いてあった物が色々飛ばされていたようで、朝一番に散らばった物を回収して回っていると、道端の水溜まりに薄氷が張っているのを見つけました。今日の気温も一桁止まりで、寒い一日となりそうです。
今年も年賀状の元旦配達の受付が15日から始まりましたね。
しかし、毎度のことながら、わたしはこの段階でもハガキの準備すら出来ておらず、急がないと間に合わなくなっちゃうー!状態です。
今年の年初には「余裕を持って計画的に」と心に決めたはずなのに、このありさまで不甲斐ない‥‥。
それでも、懲りずに「来年こそは!」と思っちゃうんですけどね。
さて、師走も中旬に入り一段と気忙しくなってきていますが、コロナの新規感染者数は3桁と徐々に増え始めています。オミクロン株は重症化しないが感染スピードが早いとの見方もあるようですが、感染しないためには基本的な感染予防対策が有効のようですね。
そんな中、サトフクではコロナ感染予防対策を怠らずに日々の業務に当たっております。
最近、グループホーム職員の方からお部屋片付けについてのお問合せをいただきました。
身寄りのない方が使われていたお部屋で、片付けに来られる人がいないという事で、残された荷物をすべて搬出・回収して欲しいとのご要望でした。
お部屋にはテレビやラジオなどの家電、シングルベッドに布団などの寝具類、整理ダンスにはその方が着ていた衣類がそのままで、入浴セットの洗面器にヘアブラシ・歯ブラシにハミガキ粉、壁にはホームのイベントで作ったのでしょうか手作り作品やバースデーカードなどが飾ってあったりしていました。
グループホームのお部屋はキレイにして直ぐにでも次の方を受け入れたいとのお話しでしたから、サトフクでは、経験と実績のあるスタッフが迅速丁寧にお部屋にある物すべて搬出・回収しキレイにお片付けさせていただきました。費用につきましてもご納得いただける低価格をご提示できたと自負しております。
お片付けは安心価格で承っておりますが、お部屋の広さや物量によって価格は変わりますので、まずは無料見積りをご利用ください。
無料見積りには経験豊富な専門スタッフが伺いますので、ご要望やご不明なことなど何でもご相談いただけます。
グループホームのお部屋片付けは「サトフク」まで。
フリーダイヤル 0120-50-3129
ご連絡、心よりお待ち申し上げております。

 

2021年11月13日

老人ホームを退所された方のお部屋整理は迅速丁寧な片付け専門業者「サトフク」へ

11月13日

今朝は放射冷却の強まりで空気が冷たく感じましたが、今は穏やかに晴れた空が広がり遠くの山の稜線がくっきりと見えて気持ちの良い日です。
昨日のニュースで、晴着を着て七五三のお参りをする家族連れの様子が流れていました。11月は晴れの日が多いのでお参りにも安心して出掛けられそうですね。昔は「七つ前は神のうち」といわれ、7才までは神様に守られているので何をしてもバチが当たらないが、魂が定まっていないためいつ死んでもおかしくないと言われていたようで、乳幼児の死亡率が高く、子をなくす悲しみを「まだ神様の国の者だから、神様のもとに帰ったのだ」と慰めるために生まれた言葉でもあるようです。子どもたちの健やかな成長を願う気持ちは今も昔も変わりないですよね。
さて、コロナ感染症の新規感染者数は少なくなっていますが、未だ終息となりません。
第6波を懸念する声もありますから、私たちに出来ることをしっかりと、日々の感染予防対策に気を抜かずに業務をおこなって参ります。
弊社では、老人ホームなど施設での作業の際は特に、マスクにうがい・手指の消毒はもちろんのこと、入居されている他の方々が不安にならないようにと心掛けて作業に当たっております。
先日、老人ホームの方から利用者さんが退所された後のお部屋片付けについてのご相談がありました。
本来、老人ホームなどを退所される際の荷物整理はご本人かご家族が行うものですが、身寄りがなかったり、ご家族が遠方に住んでいたりで、施設側が対応しなければならない時があったりします。
部屋一つとはいえ、家具や家電などの大きなものから細々した雑貨類まで、長く生活するうちに増えた荷物の量は思った以上になっていたりします。
それを職員だけで分別し片付け・搬出するのは時間的にも人員的にも難しい時がありますよね。
そんな時は片付けの専門業者「サトフク」をご利用ください。作業も最短で行いますので、お急ぎの場合にも安心です。
家具家電に寝具、衣類や雑貨などの細々したものから、本や雑誌などの紙類まで、お部屋に残された物すべて回収・処分させていただきます。
お部屋片付けのお手伝いは「遺品整理のサトフク」へお任せください。
多くの経験と実績のあるスタッフが施設様のご要望にお応えします。
老人ホーム退所に伴うお部屋片付けのことはお気軽に弊社までご相談ください。
フリーダイヤル 0120-50-3129
皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

朝霞市で遺品整理にお困りの方はご相談ください。

0120-53-9001お問い合わせ